参加校募集

未来の太鼓打ち育成プロジェクト

1.目的

大治太鼓尾張一座結成20周年に際し、青少年の健全育成に資することを目的として、未来を担う愛知県内の小・中・高等学校及び特別支援学校の、主に和太鼓経験のない児童・生徒が練習段階から参画できる記念事業を実施することで、各参加者に、和太鼓を通じて、大舞台での発表体験から得られる達成感や幸福感、さらには日本の伝統文化の魅力や意義を体感できる場と機会を提供する。

2.事業内容の概要

  1. 参加校募集: 対象校(愛知県内の小・中・高等学校及び、特別支援学校)
    申し込み期間:2019年4月〜2019年6月10日(月)必着迄
    参加希望の学校は、参加希望人数等の調整をし、別添様式に必要事項を記入し、下記申込先まで提出( 郵送・メールどちらでも可)して下さい。
  2. 参加校決定:2019年6月末迄に参加団体を決定します。
  3. 練習について:基本の総稽古時間は20時間程度とし、そのうち尾張一座メンバーによる出張指導は10時間程度とします。
  4. 舞台発表本番:2020年3月29日(日)午後
    尾張一座20周年記念事業【未来の太鼓打ち育成プロジェクト発表公演】にて演奏して頂きます。

3.主催  

大治太鼓尾張一座

4.協力(予定)

堀田新五郎商店

5.日時

2020年3月28日(土) 尾張一座定期公演2020開催 18:00開演予定

2020年3月29日(日)【未来の太鼓打ち育成プロジェクト発表公演】

※1 発表公演の開演時間につきましては調整中ですが参加者が学生の為、午前にリハーサル・午後〜夕方に本番を予定しております。

※2 この2事業については、

愛知県、愛知県教育委員会、名古屋市、名古屋市教育委員会、大治町、大治町教育委員会、

(公財)名古屋市文化振興事業団、中日新聞社 より後援を受ける予定をしております。

6.会場

日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール

7.その他

  1. 募集対象:愛知県内の小・中・高等学校及び、特別支援学校より各1校を選考します。
  2. 選考について:和太鼓部としての応募も可能ですが、応募多数の場合は、和太鼓文化のすそ野を広げるため、和太鼓部のない学校を優先する場合があります。
  3. 参加単位(人数)について:1校につき5名〜20名程度(人数の増減については相談可)
    【児童会・生徒会】への働きかけや、【クラブ・部活動毎】の参加をおすすめします。
    (例:普段の活動内容に拘らず、演劇部や運動部等、部活動においての奥行きを広げるための特別活動としての応募をお待ちしております。)
  4. 経費について

  • 指導にかかる経費:太鼓レンタル代・バチ代・指導料は、企業に協賛を募り学校側の負担は無しとします。但し、お稽古場所(学校の体育館や教室等)の確保は各校にてお願いします。
  • フェスティバル当日の経費:会場使用料・太鼓レンタル代・当日のイベント保険料は主催者負担とし、会場までの交通手段・食事・衣装にかかる経費は各校(各自)での負担となります。
  • 当日の入場券(全自由席¥1,000−予定)については、参加団体様へは、出演者1名につき1枚のご招待券を準備致します。また、一般発売に先行しての予約販売も予定しております。

→お申込み、お問い合わせはこちら

PAGE TOP