大治町砂子秋祭り

2018年9月30日開催

神楽画像

大治太鼓尾張一座の原点。
甲高く澄んだ太鼓の音色を聴きながら、
昔ながらのゆったりとしたお祭りをお楽しみください。

概 要
毎年秋に五穀豊穣を祝い、屋形神楽を町内引廻し神社境内では巫女神楽の舞と演奏が行われる。
大治町砂子には屋形神楽が4基あり、祭りの初め(12:00頃)は各字にて屋形神楽が演奏されている。
お昼13:00になると各字から屋形神楽が本社(メイン会場)に集結する。
屋形神楽4基の揃い打ちは圧巻!
屋形神楽とは
江戸時代の頃から、村の象徴として各村が保有した。
春祭り・秋祭り等になると屋形神楽を神輿のように担ぎ村を練り歩いた。
この屋形神楽、見栄っ張りな尾張人らしく、屋根の上にあるシャチホコをはじめ細かな彫刻の飾り物には
金箔が施され、据えられた太鼓は「どこの村よりも高いように」と皮が破れる寸前まで張ってある。
昔は太鼓の音が低いと「あの村は太鼓の皮をケチった」と皮肉られる程であった。
まさに尾張の文化の象徴とも言うべきモノである。
また、美術的な観点から見ても十分見応えのあるものである。
進行
12:00頃 (神楽演奏)各字の屋形神楽の倉庫前にて屋形神楽演奏。(4か所)
12:30頃 (神楽引廻し)各屋形神楽が本社に向け出発。
13:00頃 (神楽4基揃い打ち+神事) 本社に屋形神楽が集結。屋形神楽4基による揃い打ち
お拝殿の上で巫女神楽の演奏・鈴祓いが行われる。
※祭りのクライマックスはココだが、その後他三か所の神社にて神事が行われる。13:50頃 (神楽引廻し+神事)その年の当たりの屋形神楽が他三か所の神社にて神事を行う為、神主・巫女を先頭に出発。
演奏会場の地図表示
こちらをクリック
※ご注意
あくまで地域のお祭りです。
したがって通常のイベント的なお祭りとは違い、駐車場がございません。
ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。
路上駐車は祭りの進行の妨げや地域住民のご迷惑となりますので絶対におやめください。
雨天の場合、神楽の引廻しは中止することがございます。
アクセス
「中村公園」市バス2番乗り場にて市バスに乗車。「万場小橋」か「吉津一丁目」下車。徒歩10分

◎系統「幹中村1」、「戸田荘」行き(時刻表)→「万場小橋」「吉津一丁目」下車。
◎系統「中村12」、「服部」行き(時刻表)→「万場小橋」「吉津一丁目」下車。
周辺地図はこちら

PAGE TOP